身体に効くといわれるアロマの種類一覧!その効能とは?

投稿日:

アロマには、身体の不調を緩和させる効果が期待できるものもあります。

ここでは身体に効くといわれるアロマをご紹介いたします。

 

その前に精油の使い方をもう一度おさらい

まずは、精油の使い方を確認しましょう。

アロマテラピーの方法は色々とありますが、身体に効くアロマを使用する際には、初心者でも簡単に実践できる4つの方法をご紹介いたします。

 

1つめの方法は芳香浴です。

身体に効くアロマを、嗅覚から吸い込み、身体全体に行き渡らせるという方法ですね。

アロマディフューザーやアロマポットを使用すると簡単です。

 

2つめは入浴です。

入浴の際に精油を浴槽にたらし、嗅覚だけではなく、直接肌から吸収する方法です。浴槽ではなく、洗面器に湯を張り、精油を垂らすと、手浴や足浴もできます。

 

3つめはマッサージです。

これはキャリアオイルという、匂いのないオイルに精油を数滴まぜ、マッサージを行います。

 

4つめは温湿布です。

洗面器に熱い湯を張り、そこに精油を数的垂らします。タオルを浸して絞り、患部にしばらくのせます。

 

身体の症状に合ったアロマを選んでみよう

身体に効くといわれるアロマはいくつもありますが、効果によって選ぶべき精油は違います。身体に効くアロマを症状別に紹介しましょう。

頭痛

  • クラリセージ
  • ペパーミント
  • マージョラム
  • ユーカリ
  • ラベンダー
  • ローマンカモミール

 

肩こり

  • ジュニパーベリー
  • マージョラム
  • ラベンダー
  • ローズマリー

 

筋肉痛

  • サイプレス
  • パイン
  • マージョラム
  • ユーカリ
  • ラベンダー
  • レモン
  • ローズマリー
  • ローマンカモミール

 

風邪気味

  • サイプレス
  • ティートゥリー
  • ペパーミント
  • ユーカリ
  • ラベンダー
  • ローズマリー

足のむくみ

  • サイプレス
  • ジュニパーベリー
  • ペパーミント
  • ラベンダー
  • ローズマリー

 

目の疲れ

  • ラベンダー
  • ローズ
  • カモミール

 

自分の気になる症状に合わせてこれらのアロマを、芳香浴や入浴、マッサージや温湿布などで、身体の中に吸収させます。どの方法で行うかは、その時の気分や度合いで変えてみるといいでしょう。

自分に合った方法があると思いますので、色々試してみてください。

 

ただし、あくまでもアロマテラピーは医療行為ではありません

改善がみられない場合もあることを承知の上で行ってください。症状がひどい時は、専門の医療機関へ相談することを勧めます

-アロマオイルの種類, 身体に効果的

Copyright© アロマ習慣 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.