アロマはなぜカラダに効く?香りが感情に届くまで

投稿日:

アロマテラピーが身近になってくると、そもそもアロマはなぜ身体に効くのだろう?といった疑問が沸いてきませんか。

その疑問を解決すべく第一歩として、ここでは鼻で匂いを嗅いだときの香りの伝わり方を紹介しましょう。

アロマテラピーの3つの手法

アロマテラピーの手法は大きく分けて3つあります。

1つ目は、鼻から匂いを嗅ぐ方法です。

2つ目は、肌から直接精油を取り込む方法です。

3つ目は、口での呼吸で取り込む方法です。

 

ざっくり言うとわかりにくいかもしれませんが、例えば1つ目の鼻から匂いを嗅ぐ方法では、ディフューザー等を使っての芳香浴が上げられます。

2つ目の肌から直接精油を取り込む方法としては、アロママッサージ等が挙げられます。アロママッサージを行う際には、鼻からも匂いを嗅いでいるので、香りの伝わり方としては2つの経路があるということになります。

3つ目の呼吸で取り込む方法では、風邪の時にティートゥリー等の精油を湯に落としてその蒸気を吸い込む方法が有名です。

 

もちろん、それ以外のアロマテラピーの際にも、少なからず呼吸で取り込んでいるものもありますね。

 

香りが鼻から感情に届くまで

では、鼻で嗅いだ香りの伝わり方をご説明しましょう。

鼻で匂いを嗅ぐと、鼻の奥の粘膜が香り成分を溶かします。溶けた香り成分を、嗅毛という鼻の中に生えている毛がキャッチし、嗅覚の細胞が興奮します。

そして香り成分は細胞と繋がっている神経に、電気信号として送られます。

 

あとは、嗅球、嗅策といったところを経由し、脳の中の大脳辺縁系というところに直接伝わります。さらに、大脳新皮質に伝わります。

大脳辺縁系は、脳の中でも大昔にできた箇所で、それだけ進化的には古いのですが、感情や本能を司っています。

精油の香りを嗅いだときに、「コレ何の匂いだろう?」と思うより、好きな匂いだとか嫌いな匂いだといった感情が先に出てくるのです

 

少し、横道にそれますが、昔の香水を久しぶりに使ってみると、その当時のことがよみがえることがありませんか?

大脳辺縁系の中には、記憶を司る海馬というものもあるので、匂いと記憶は繋がりやすいのです。

 

香りの伝わり方は理解できたでしょうか?

何となくわかっていると、アロマもより一層楽しむことができるでんじゃないでしょうか。

-アロマ入門編

Copyright© アロマ習慣 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.