今更聞けない?!アロマテラピーって何?

投稿日:

アロマでリラックスしてみたい!と思って始めようとしたものの、実はアロマテラピーって言葉の意味は、いまいち理解してない人も多いのではないでしょうか。

初心者が今更きけない「アロマテラピーとは何ぞや」という疑問について、今回は書いていきたいと思います。

アロマテラピーとは?

アロマテラピーとは、ハーブや花などから香りの成分を抽出したエッセンシャルオイルを利用した自然療法の1つです。

日本で最もポピュラーな、アロマテラピーの方法には、芳香浴とマッサージが挙げられるでしょう。

 

芳香浴では、嗅覚から脳へオイルの成分を伝え刺激を与えます。つまり、アロマの匂いを嗅いぐことで、リラックスなり集中を高めたりという効果が期待できます。

マッサージでは、エッセンシャルオイルをキャリアオイルと呼ばれるオイルと混ぜ、体に直接塗りながらマッサージをします。

体に直接つけることで、エッセンシャルオイルの成分は皮膚を通って血液と一緒に体中を巡ります。さらに、マッサージをすることでリラック効果が高まるということです。

 

アロマテラピーってどこからきたの?

そもそもアロマテラピーとは、どこでできたかご存知でしょうか?

アロマテラピーとは大きく分けて2つの考え方があり、1つはフランス式、もう1つはイギリス式です。

 

フランス式では、代替医療として用いられ、医師による研究もすすめられています。医師の指導のもと、エッセンシャルオイルをごくわずかな量を飲むこともあります。(とても危険なため、日本では勧められていません。)

もともと、香りの研究者が火傷をした時に、たまたま近くにあったラベンダーのエッセンシャルオイルに手をつけ、すぐに治ったことからアロマテラピーの研究が進みました。

こういったことから、医療的意味が多分に含まれていることがわかります。

 

もう一方のイギリス式では、アロマセラピーと、英語で呼ばれており代替医療というより、癒しやエステのように用いられています。日本のアロマテラピーの感覚に近いでしょうね。

日本と同じように、特に医師の資格がなくてもアロマテラピーを行うことができます。アロマテラピーとは、香りを利用した自然療法ですから、今後もっともっと医療的側面が増加してくるかもしれませんね。

 

手軽に楽しめるアロマテラピーですが、研究が進むと今まで以上に、効果的に楽しむことができるようになるでしょう。

-アロマ入門編

Copyright© アロマ習慣 , 2019 All Rights Reserved.